初心者ブロガーがいろいろやってみるブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イチゼロの1から説明せーや!

ブログ開設をして実際に収益化に至るまでを、0からスタートした人間が検証していくブログです。

【WBCホームランキャッチ騒動】いい加減ネットの無法地帯化はなんとかしないとヤバイ

こんにちは!!イチゼロです。
最近話題になってる少年がホームランになりそうなボールをフェンス手前で取ってしまい、その結果2ベースヒットの判定をくらった話について少し私の考えを述べたいと思います。


まず私は野球観戦はしたことがありません。少年野球のチームに所属していたので大まかなルールこそ理解はしているものの、観戦をすることに楽しみは見いだしていない人間です。


WBCのような大きな大会でも観戦しませんし、テレビ中継も見ません。言ってしまえば試合の結果すらも興味がありません、勝っても負けても正直どうでもいいのです。


野球ファンからしたら


「国を背負った選手達が懸命にプレーしているのに応援しないとは何事だ!」


と思うかもしれませんが、知りませんそんな事。
野球ファンの中で楽しんで下さい。


私にとっては野球だろうとサッカーだろうと、サーカスや演劇と同じで好きな人が観賞なり観戦なりするものだと考えています。内容がスポーツだろうと日本を背負って戦おうと、規模こそ違えど客を楽しませてお金を落としてもらうということに変わりないと考えているからです。


これらを踏まえて本題に入ります。


今回の騒動は少年がフェンス手前で打球をとってしまったが為に判定があやふやになり、その結果ホームラン級の打球が2ベースヒットになってしまい少年が叩かれてるという内容だと把握しています。


まずこれ、野球のルールにちゃんと組み込まれているのでしょうか?【観客はフェンス手前でボールを取ってはならない】ってわかりやすく明記してあるのでしょうか?その界隈の人達にとっては当たり前の事なのかもしれませんが、少なくとも私はこのルールを知りませんでした。(マナーなのかな?)


そして少年もきっと知らなかったのだと思います。最前列で観戦しにいくほど野球が好きなのに、その大好きな野球を台無しにするような行為を進んでやるとは到底思えないのです。


しかし、知らなかったとはいえルール違反はルール違反。それなりに厳しくお灸を据えられても致し方ない、知らぬ存ぜぬで全てまかり通るほど社会は甘くないですしね。


ですがここで言うお灸を据えるというのは、あくまで【説教】の事を言っています。


ネットを使って少年の名前を特定したり、通っている学校やSNSを晒したりする行為の事では決してありません。


ネットに晒されている写真の中に警備員らしき人に通路のような場所でお叱りを受ける様子を写した写真がありましたが、私の言いたい説教とはまさにこのことなのです(この写真をアップすることもどうかと思うが)


人目のつかない場所に行き本人に直接注意する。別に大人数の目に入る場所で行う必要もなく、何が悪かったのか、何でこんな事になってしまったのかを少年にしっかり理解させてあげる事が必要なのだと思います。


ところがどうでしょう。ネット上では素顔を晒され本名まで晒され、挙げ句に少年を罵倒するような暴言まで飛びかよい、中にはTwitterなどに脅迫めいた事を書く人までいる始末。


少年の行動は野球ファンを怒らせる重大なルール違反、もしくはマナー違反ではあったことは間違いありません。しかしネット上で個人の情報を好き勝手使って暴れてる人のやっていることは、少年のやった事より更に重たい【違法行為】です。


その事を理解しているんですかね?
もし仮に少年が思い詰めたらどうするんでしょう?多感な時期に不特定多数の見知らぬ人から向けられる牙に怯えながら過ごす日々は、大人でも苦しいと思います。


Twitterや匿名での投稿が出来る掲示板って書き込んだ本人は簡単に逃げることができていいですよね。的(まと)にされた本人は逃げることができないのに。


例えるなら匿名で悪口を書き込む人は『安全な丘の上』に居て、的になる人は『丘の下』にいる。的は誰かが定期的に用意してきて、丘の上にいる人達が思い思いにその的に石をぶつける。的は反撃することも出来ず、どこから飛んでくるのかも分からない石にただ怯えるしかない。


石を投げる人の中には『的』に恨みがある人もあれば、ただなんとなく投げる人もいる。目立ちたいから投げる人もいれば、日々のストレス発散の為に投げる人もいる。共通の認識は「みんなやってるから大丈夫」「石を投げられるなんてきっと悪いやつ」。


そんな気持ちで石を投げる。その内の1つが当たり所悪く的を壊してしまったとする。しかし石を投げた『丘の上の人達』は口を揃えてこう言う。


「俺じゃない」
「私じゃない」


無数に投げられた石のどれが的を破壊するに至ったかなんて壊された的にしか分からないですしね。やばいなと思ったらアカウント削除してドロン!サヨーナラー


この例だと『石』が書き込み。『丘の上と下』がネットと現実の境目。『的』が今回の場合は少年になります。


酷い事をしていると思いませんか?
直接手を下さなければへっちゃらなんですか?
匿名で書いたその言葉が少年にとってどれだけ重たいものか考えていますか?
もういい加減「特定した!」とか言ってお祭りのように楽しむ連中を警察は取り締まってくれませんかね?


野球ファンのみならず、野球に全く興味のない私のような人間にまで素顔を見られるのです。ネットの拡散力って本当に恐ろしいものなんです。


「結果は勝ったし、2週間もすれば皆忘れるでしょ」


なんて書き込みもありましたが、人間の記憶から消えてもネットからは消えません。一度拡散されると完全に消すことはほぼ不可能なのです。



ネットが普及して便利な世の中になりましたが、今一度ネットの危険性を周知してもらいたい。



本日の記事は以上です。